デジイチ入門の記事 (1/6)

水蒸気の中で修行

昨夜は晴れたんで引き続き天の川撮影。
tth_20170718-IMG_1570.jpg

ソフトフィルターの一枚モノを軽くレタッチ。
へっぽこkissのレンズは相も変わらず安物
シグマの撒き餌17−55mm?(あいまい😅)f2.8のISO3200で絞りは4.0で露出は90秒。
昨夜の奄美大島は日中は大気が不安定で夜も蒸すような暑さ。
ご覧の通り17mmの広角側で撮ると
水平線付近の低緯度は大気中の水蒸気によって赤く被ってしまいます😔
この辺はしょうがないですね。この時期は特に
th_CIMG6575.jpg
ちなみに銀河中心部付近で輝く星は惑星の土星。

tth_20170718-IMG_1575.jpg

角度を変えると少しマシ?になります😅
前日の田んぼよりは暗いので感度を上げられ賑やかですが
かぶりやノイズやらも大変。(暑いと尚更)

やはり南半球と違い北半球だと天の川は位置が低いので
今後はズームするなり景色と絡めたり構図やらも色々と考えないとです。

th_IMG_1562.jpg
少し露出かけた設定でソフトフィルターを外しズームしたのがコチラ
うーん全体的に被りや露光もアレですし安物機材を使う初心者の一枚モノではこの辺が限界。

やはり悪条件を軽減するべくコンポジットやら色々と修業しないとダメですね😔トホホ
その辺も含めて色々とトライアンドエラーで試行錯誤あるのみです。

tth_20170718-IMG_1573.jpg
そんなわけでソフトフィルターで撮ったのを
さそり座がギリ入るように水蒸気の部分をトリミング
こうすれば被りは目立ちませんね😊ワハハ

相も変わらず修業が足りませんが、悪条件な季節ながら南の島の貴重な晴れ間。
我ら天の川銀河中心部の暗黒帯を含め宇宙の神秘は感じられたんヨシとしましょう😁

さそりの毒より怖い🐍は幸いにも出ませんでした😅
スポンサーサイト

梅雨の合間に

奄美大島は梅雨入り。
th_20170514-IMG_5612.jpg
その合間の日曜日の午後。山下達郎のラジオを聴いた後にママチャリでブラブラ
野良犬は例によってデジカメの修行も兼ね街の底の匂いをクンクンやりにきた次第。
th_20170514-IMG_5603.jpg
公園にはエエ感じにたんぽぽ。
th_20170514-IMG_5602.jpg
でもガキンチョとグランドゴルフ大会のご老人たちの向こうのお山は
相も変わらず霞んでます。th_20170514-IMG_5609.jpgth_20170514-IMG_5610.jpg
この辺にはエエ感じに文化的オブジェクトがありまして
心の中でもダンス、ダンス。
th_20170514-IMG_5618.jpg
港をブラブラ。
日曜日なので埠頭はご覧の通り釣り大会。
th_20170514-IMG_5627.jpg
対岸から見た埠頭。
一時期よりはマシですが、相変わらず霞んでますな。
th_20170514-IMG_5628.jpg
th_20170514-IMG_5631.jpg
チャリでブラブラする時の定番ロード(我が街は殆どの歩道をチャリで走行可)
海の上を走るんで気持ち良いです。

ママチャリならチトキツイですが
前かごに色々と入れられるんでやっぱり超便利♪
最近は入門デジイチにWズームキットレンズの望遠1本のみという機動性重視スタイル。

街ぶらする時はコレがベストですな。
どうしても広角側で撮りたい時は常に携行してるコンデジで補えますし
不意の被写体は個人的には圧倒的に望遠のほうが多いので
このスタイルが色々とベストくさいですな。

カメラ本体を上位へグレードアップしてもしばらくコレで修行するつもり。
th_20170514-IMG_5641.jpg
th_20170514-IMG_5642.jpg
そうやってお手軽野良犬スタイルでブラブラやってると、
こういうアッキード並に真っ黒で野良な野鳥が梅雨の合間の水溜まりで行水してる
貴重なショットが撮れたりするんですな〜

野鳥週間ですが、これぞガチで野良な野鳥でしょう(笑)
気持ち良さそうでしたよ。ホント
th_20170514-IMG_5648.jpg
幹線道路の脇には百合も咲いてたりして
これもチャリならではのショット。
th_20170514-IMG_5657.jpg
相変わらず住処前の入日は霞んでます。
そんなわけでスカッとする夏はまだまだ先な感じですが
ボチボチとやっていきたいところです。ハイ





寂しい春の夜空で修行

昨夜は久々に晴れたので星を撮りにお出かけ。
th_CIMG4781.jpg
狙うはコイツ。南十字星。

th_CIMG4772.jpg
とはいえ、いくら南にある奄美大島とはいえ北半球。
沖縄ですらギリギリセーフなのに見れるとは思ってません(笑)


まあ、ものは試し。
th_CIMG4775.jpgth_CIMG4778.jpg
試しといえば、ストラップすら付けたまま撮るマヌケに最適なお手軽なポータブル赤道儀も
今回からバランスをとるプレートやらを追加し、お手軽さを維持したまま精度をアップ。
カメラを付けたまま極軸望遠鏡を覗きながら適時調整できるんで便利、便利。

th_20170428-IMG_5078.jpg
そんな春の夜空。からす座の斜め上に木星が輝いてる以外は
修行中の身にとって夏や冬や秋と比べフォトジェニックな目玉が無く寂しいものがあります。
特に望遠鏡などを使わないワタクシにとっては
th_20170428-IMG_5073.jpg
そんなわけで南十字星が昇ってくるのを誰かさんのように
祈りながら待ったんですが、うーんからす座の下に見えたのは十字の上の部分。
コレでもてっぺんが見えるだけマシ?

寂しい春の夜空ですが、からす座の台形を変形させたような形が個人別には好みです。
th_20170428-IMG_5074.jpg
そんな南十字星とは正反対な北の空には七つ星が柄杓をこぼしてました。

th_20170428-IMG_5076.jpg
東の水平線際には夏の星座が頭を出してました。
まあ、良い予行練習?になりましたし南十字星は厳しいのもわかりました。

そんな奄美大島はしばらくすると梅雨。
個人的に夜空の本番まで辛抱の日々。

それより夏の夜はサソリのような蛇が怖いですね。
蛇のいない手近な島へキャンプがてら遠征するのもアリ?

そういう意味では今のポータブル装備で良い写真が撮れるよう修行を重ねたいところ。





カノープスで再修行

th_20170219-IMG_6145.jpg
今宵はよく晴れてて奄美北部で独自に発見した観望ポイントでもカノープスがよく見えました。
以下の画像は相変わらず全て撮って出し。
西古見の夜空には負けますが、ソフトフィルターとポータブル赤道儀を使えば
光害もほぼ皆無で全天で最も明るい恒星シリウスと2番目のカノープス
その赤くカブる色味の違い(本来は両方の星は同じ青い色味)
すなわち、その夕焼け効果的な大気の影響などがよくわかると思います。

th_20170219-IMG_6190.jpg
ソフトフィルターを使い縦構図で冬の大三角と並べると
そのレアな長寿星の位置関係や大気効果も実にに把握しやすいですが
まあ、周辺星像がノビノビ(笑)

th_20170219-IMG_6217.jpg
ソフトフィルター無しで見ても安物レンズの周辺画像の甘さか
(そこそこ絞ったのですがね〜)
山の稜線ギリギリにある北極星で極軸合わせたり
微動プレートやバランスウェイトのないポータブル赤道儀でセッティングしたので
(現在発注中で入荷待ち)
その辺の詰めが甘いのか
(おそらく両方だけど中心像を見るにレンズの影響が大)
まだまだイマイチな星像が今後の課題。

ですが、ご覧の通り冬の天の川すらそこそこ撮って出しで写る
近場で暗い良い場所を見つけたので、じっくりと修行あるのみです。

西古見野宿旅(写真編)

さて、野宿旅の副目的である写真。
20170215162848323.jpg
野営後にご覧の通り観光地化された観測所跡で撮影。
以前はただの原野だったので利便性や安全性は上がったのかもしれないですが
街灯なども付いてて久しぶりに訪れて個人的にはチト残念でした。

しかしその眺望は相変わらず。冬でも絶景が楽しめました。
タイムラプスは修行中なんでまだまだ色々とテキトーなのをご容赦。
時間帯が押して夕暮れ時だったので露出は無論ですが、
やはり遠征先での回転方向での水平出しがかなりシビア
(静止画ならハードもソフトも楽勝なのに)
このへんは今後の課題ですね。良い修行になりました。

逆光の先の水平線にうっすら徳之島が見えるのがわかるでしょうか?
th_20170215-IMG_5433.jpg
帰り際に美しい光が拝めました。

th_20170215-IMG_5450.jpg
さて、レアなカノープス撮影ですが狙い通り野営地真正面低空の空に輝いたのですが
ソフトフィルターを忘れる失態。
星撮り用のポータブル赤道儀を入れたカメラバッグに入れており
今回は荷物を減らすため普段用のバッグだけ持ち出したのが災い。
固定でも星座を把握しやすいソフトフィルターは必須なんで、これも反省材料。

th_20170215-IMG_5512.jpg
全天で1番目に明るい星シリウスの遥か低空に輝く、2番目に明るい星カノープスのコラボ
ソフトフィルターが無くとも、こうやって縦構図にすれば
長寿星とも呼ばれるそのレア度がわかりますでしょ?

低空こそ霞や大気の影響でわずかに赤く被りますが
際まで暗い実に貴重な西古見の夜空。その素晴らしさよ永遠なれ
th_th_日周運動カノープス
こうなりゃ、せっかくなんで南極老人星。そのぐるぐる日周運動を撮りましたよ。
こんなカノープスの下の低空まで撮れるのは、秘境の西古見なればこそ
ソフトフィルターが無かったからこそ撮れたある意味レアショット?
一期一会の臨機応変。

th_バイク日周運動
相棒越しで撮った冬の大三角の軌跡
最後は月が昇りチト明るくウルサイ感じですが、わかりますかな?

せっかくなんでわかりやすいよう
タイムラプスとスタートレイルで動画にしました。
その日周運動が把握できると思います。

しかしソフトフィルターが無いと月が出るまで星の数が半端ないです。
さすが西古見恐るべし。

ちなみに同じく奇跡的に晴れた翌日の昨夜。
奄美大島は龍郷町の山上から撮ったカノープス。
th_20170216-IMG_5662.jpg
際の低空は光害で台無し
奄美大島も北部になると星空なんてこんなもんです。
自分の住む名瀬市街地はもっと酷い。
しかしソフトフィルターがあるとわかりやすいですな〜

そんなお楽しみは次にとっておきましょう。
カノープスは毎年冬の季節モノで逃げないですから。

そうそう

th_20170216-IMG_5681.jpg
昨日書いた通り北部でも南天の低空が暗く赤道儀に必要な北極星も見える貴重な場所を発見し
長寿星を待ち粘ったんですが、ご覧の通りカノープスの部分だけ雲、雲、雲
ちなみにシリウスが強烈に輝く上空は長時間晴れてました。
(エエ感じに飛行機が撮れたんでヨシ?)

沖縄や奄美などの南国はカノープスの高度が高くなって観望に有利なんですが
南の島の冬場は曇天率日本トップレベル
その長寿星の貴重さがわかるでしょう。


同じ場所から北東にある喜界島上空はかなり低空まで星が見えたんですけどね。
世の中うまくいかないもんで、さすが昔からの言い伝えを実感。

そんなこんなで、こっちもトライアンドエラーで修行あるのみです。