自転車の記事 (1/9)

こっちも再開

th_CIMG6289.jpg
地元のホムセンで安い自転車をゲット。
ミヤタ製の入門ロードバイクですが、昨年モデルで定価10万のが半額引きなお値打ち車。

奄美大島みたいな離島、まして物流も崩壊したアベノミクス下の今は
通販より現地調達なのが色々とコストもかからず安心ですよ。
バカ高い送料にデカイ段ボールとかも無いですし
前輪外してクルマに乗せてハイ終わり。

th_CIMG6293.jpg
国産ミヤタ製のクロモリなホリゾンタルなんで色々と長く付き合えそう。
日々のロードワークとポタリングがメインですからね。
とにかくフレームが丈夫なコレで十二分。

個人的にロードバイクと言えばホリゾンタルフレームなんですよ。
世代的に

th_CIMG6297.jpg
さっそく以前のクロスバイクの遺品から装備品を移植して
テストも兼ねて龍郷町をぐるりサイクリング。
今日の奄美大島は猛暑で雲がモクモクでしたよ。

そんな季節感をダイレクトに感じられるのも自転車なればこそ。

そうそう
スクリーンショット 2017-06-8090
この自転車の良い点はロードバイクでも耐パンク性能を考慮してる点ですな。
クロスバイクで走り倒した経験を持つ個人的には
奄美大島の自転車にとってそれはそれは酷い道路状況を考えると、コレでも細いくらいで
th_CIMG6299.jpgth_CIMG6300.jpg
案の定、パンクりました。でも以前から経験済みなんで
(コレより太いクロスバイクでも平気でパンクする道路状況の悪さ)
予備のチューブやら年季の入ったサドルバッグの中に常備してあるんで
であっという間に対応し携帯用のポンプで空気も入れて走行再開。

尖ったデカイ石に前輪が乗ったのが原因で瞬間的に「あ、ヤバイな」と解るくらい
そんなレベルの石やら段差やらが奄美大島の路肩付近には多いので
th_CIMG6298.jpg
積極的にこういう通行可な歩道走行も活用したほうがリスク下げられますよ。
速度重視でガチなロードバイク乗っている人には要らん話でしょうが。
歩道走行は歩道走行で、また段差やら石やらあるんで見極めが難しいのですが
車道に比べ遥かに速度は落とせるんでその辺は経験と勘次第。
ちなみにパンクしたのはこの歩道走行可が切れた直後に速度上げた車道でしたよ。マッタク
th_CIMG6301.jpg
th_CIMG6310.jpg
そんなわけで久しぶりに自転車で走ると奄美大島の夏も身近。
ホリゾンタルなフレームと水平線がコラボ。
この秋には間に合わせで買ったポンコツクルマも車検更新せずに
処分する予定なんで自転車のウェイトは大きいのですよ。色々と

自分が自転車に乗る理由は明確で、日々の健康増進に考え事とエコ。
考え事。コレが意外に重要で色々と自転車で走って自然や自己と対峙してると
大局的な考えも浮かんでくるんですな。
余所見してるわけでなく走行へ集中してるのにホント不思議なもんです。

コレがホントに重要で、以前クロスバイクでロードワークしてた時も
色々と時代を見極めるのに役立ちましたよ。

th_CIMG6317.jpg
里の夏を感じつつ走る時間は実に貴重。
サドルが未調整なんでケイデンス的に不安定でしたが調整すれば
かなりエエ感じな予感。

クロモリフレームのしなやかさが奄美大島の道路状況にはジャストな予感。
レースするわけじゃなし重さとか個人的にマッタク重視しないんでね。
所詮は消耗品ですし高いカネ出すより、自己と自然と対峙するに新しい相棒は必要にして十分。
各所パーツもボチボチ更新したり長く付き合えそうなんでロシナンテ2世と命名。

th_CIMG6320.jpg
最後の峠アタックを前にコレでクールダウン。
ちょいハンガーノック気味でしたし、いや〜ホント無茶苦茶美味しかったです。

th_CIMG6322.jpg
酷い暑さの中、日陰を探すのが難儀でしたが。
まあ、焼けに焼けるこの時期の日中走行は今日くらいなもんで
今後は夜間のルーティンがメインになるでしょうね。

th_CIMG6319.jpg
要らんミサイル基地が配備される地元の峠も登りましたよ。
途中下車するかと思ったんですが、インナーの最も軽いギアだけでエッチラといけました。

この辺もサドル合わせて普段のルーティングで足を作れば
もっとラクに行けそう予感。
何しろサドルもロクに合わせずこの最悪な条件下でも登れたんですから
偉大なりアイスの力。

そんなわけで、今後は自転車も再開しつつ
個人的なライフスタイルに活用していく予定であります。

スポンサーサイト

頼むから”使える”のを作ってくださいよ

さて大々的に発表されアップルウォッチですが
詳しい仕様が明らかになっており
今のところ、全く使えるデバイスではありません

こんな感じでジョギングや自転車など
いかにも屋外のフィットネスやスポーツ等へ使えるかのように宣伝してますが

まあ、屋外で活動する基本的な機能がまるでダメ
Apple Watchは生活防水のようです

なんですか生活防水って(笑)

実際に時計をして屋外に出てる人なら解ると思いますが
生活防水なんてホームセンターや100均で売ってる時計レベルの防水性
iPhoneよりちょいマシなくらいで
実際に自転車やジョギングや登山など屋外で長時間活動する際
大雨に打たれたら一発でOUTなレベルでして

iPhoneにもいえることですがゲリラ豪雨が多い昨今
実際にアウトドアでガチ利用するデバイスとしてまずこの時点でありえません。

最低でもLGのG Watchのようにシャワーも浴びれるレベルの防水性は欲しかったのですが
いやーいいですよ晴れた日だけ活動する人なら(笑)
少なくとも自分は本気で自転車やバイクや登山など
日常的にアウトドアで活用したいクチなので、これはホントありえません。

で、更にびっくりなのが
Apple Watch、バッテリー持続時間は1日程度?

何やら心拍計やらのセンサーを載せて健康管理やライフログという
ようは活動記録を売りにしてるようですが
寝てる間は充電せねばならず、この時点でライフログとしての意味はゼロですし
寝てる時に充電し忘れたら時計としての価値もゼロ(笑)

まあ、この辺は各種スマートウォッチのほうも持ち時間が長いだけで概ね同じなので
あまり文句は言わないようにしましょう。

それよりこの前も指摘しましたが意外と知られてない
ジョギングの距離測るのも時計合わせるのもSNSやメール受信するのも
全て
iPhone必須

という点
まあ、メールやSNSは解りますよ。
ただ、単独GPSがないのでジョギングや自転車などのアウトドアで一番大事な
走行距離や位置を測るのにも結局
大きくて重いiPhoneが要るのです。

どうせ大きくて重いiPhoneを手に縛りつけるなら




スマホと連動できるカシオのコレで十分でして

iPhoneやスマホへのメールやSNSや通話の着信通知はもちろん音楽コントロールも可能な上に
心拍計やら自転車のケイデンスセンサーなんか付ければ
それらもモニター可能(そちらのほうがセンサー精度も高いのは言うまでもなし)
h1.png
しかもアップルウォッチなんか相手にならない防水性に2年間は充電不要
というかこっちのほうが遥かに安くて使えます。



他にも単体でGPSも搭載したり心拍計やら搭載した専用時計やデバイスはたくさんありますし
TIMEXのアイアンマンシリーズのコレなんかもそう
電池の持ちや防水性なんかアップルウォッチの比ではなくGPSでログも記録できます。

というかねえ動画でもわかる通り、ジョギングや自転車の移動中
時計は基本的にチラ見するの限界でして
メールやSNSの中身を読むためにガン見するデバイスじゃないのですよ。

ぶっちゃけ(笑)

それこそ歩きスマホ同様、いちいち移動中に時計ガン見してたら危なくてしょうがありません。
何より屋外の直射日光下ではマトモに画面見れません。
そういう意味ではカシオなどの最低限のバイブ通知&スクロール表示や音楽コントロールに
センサーモニター機能を有した時計のほうが圧倒的に合理的で優れているのです。

でも、移動してない時はメールやSNSやら腕時計で読めて便利だべ
と言うかもですが
よくよく考えてください。

そんな状況こそiPhoneなどのスマホを見れば良いわけで
そんなメールやSNSをガン見して中身確認するために
腕に大きな高精細のカラー画面付けてバッテリー減らし防水性も犠牲にするのは本末転倒
まだ
Androidのように単体で色々とできて防水性もあるるなら意味も見いだせますが
結局大きなスマホ必須なら
フツーに充電不要で防水性も高いGショックのほうが圧倒的な機能性を持ってるのです。

そんな電池も持たず防水性もなく常にスマホ必須なデバイスに3万7000円〜5万円も払えますか?

自分は現状だとライフログを採取する趣味もないですし
1万7000円のブルートゥースGショックを選びますね。

まあ、如何に今回のアップルウォッチが使えないデバイスか理解できたと思いますが
将来的には改良してくるべ
と思ってるそこのアナタ
アップルは一貫してWi-Fi仕様の機器にGPSを載せなかったり
iPhoneに防水性を持たせなかったり
まあ、即座に単体GPSなどへアップデートされるAndroidのスマートウォッチと比べ
将来的な望みも薄いことを強調しておきます。

更に同じスマホ必須でもAndroidには防水防塵どころか耐衝撃性も備えたスマホがありますが
iPhoneは防水性もなく屋外でガチに使うならケース必須なのもお忘れなく

まあ、色々と書きましたが使いたい人が使えばよいでしょう。
使える用途は著しく限定されますが(笑)

しかも何をするにもiPhone必須なので
SIMフリーiPhone6が67,800円にアップルウォッチの予想価格37,000円
マトモに使うなら(使えませんが)最低100,800円はかかることも明記しつつ
あ、それと
生活防水なので大雨に打たれたら買い換える予算もお忘れなく
まあコレを買うお金持ちには関係のないことでしょうが・・・

と、長々書いて
ホント今のアップルは使う側の用途をまるで考えておらず
自分がiOSデバイスを拒んでる理由の一端でして
アップルが屋外でガチに使えるデバイスを出す日がくるのでしょうか?

多分ないでしょうなあ。。。悲しい限りです。

ゲリラ野宿

今日もハードコアなニート稼業

大人の社会見学ばかりじゃ飽きるちゅーわけで
チャリンコに荷物を括りつけ自然見学へお出かけ
CIMG4619_R.jpg

カネも仕事もなくても、人生にもっとも大事な
時間と自然はたっぷりあります。

あとはちょっとしたツールに食い物や酒なんぞあれば、じゅーぶん。

で、自転車での野宿。

以前も話した通り、バイクとは違った味わいがありまして
自分の足と食い物のカロリーだけで移動るするので
奄美大島の自然や季節をダイレクトに体感できてサイコー

燃料代も要らないですしね。

狭い島での探検が更に冒険へと変化して
まあ、お手軽で楽しいわけです。


ただ、気にすることも当然ありまして

それは移動中の情報端末のバッテリー
大容量の予備バッテリーを複数用意するのはモチロン

移動中は電源を切り
更に自分の場合はGPSログ用の端末は分けて(古いスマホ)使うようにしています。

これで大幅に改善できますし、もっとも情報端末の恩恵が必要な何も無い原野での野宿中に
その恩恵を集中して受けようというわけ
当然、バイクのようにインバータもないので移動中の充電も不可
バッテリーの節約が必須です。

でもその分、AMラジオなど
より楽しみが増すので、そちらを堪能したほうがよいでしょう。

あとは、水の確保ですね。
当然移動中はスポーツドリンクやお茶を沸かすにしても
500mlのペットボトルで十分ですが何も無い原野での野宿中は
結構水が重要なので2リットル入りのペットボトルを2本空で用意し
移動中は重量を軽減

野営直前に最寄りの水汲みポイントで補給して野営するスタイルがベストかも


まあ、その辺が色々とバイクのスタイルとは違うところですね。
で、今回は更に副目標がありまして
極力、お金をかけないスタイル

といってもご飯に塩とかパンにマーガリンだけ
(賀曽利隆氏などはコレもいけるそーだけど)
といった極貧スタイルではなく、通常の生活の延長スタイル

つまり、パスタやコメはモチロン
冷蔵庫内の余り物などを保冷バッグに詰め込んで
日常的な生活に+して食材を買い込むことなく
日常的な生活の延長上に野宿を持って行こうというスタイル

コレにより袋ラーメンやレトルトなども買わずに済みますし
現地のスーパーで刺し身などの見切り品を楽しめます。


まあ早い話がアベノミクス下のような厳しい経済状況下でも
極力、大人のお遊びを継続していこうというわけ
帰還後により掘り下げて話しますが、アベノミクスが尖鋭化する今後は
そういうスタイルの変更を多方面で強いられてきますからね。

CIMG4626_R.jpg
CIMG4625_R.jpg
そんなわけで奄美の北部笠利をブラブラ
サトウキビ畑は収穫期を迎えており

CIMG4632_R.jpg
CIMG4622_R.jpg
工場も伐採作業も忙しそうでありました。

そんな奄美の現実を確認しつつ
CIMG4635_R.jpg
野原で野宿
いや~~~~やっぱりコレですよコレ

お金なんか無くても、こういう時間さえ過ごせればそれでヨシ
人気のない場所に設営し買い出しを済ませます。
CIMG4636_R.jpg

愛用のコールマンのテントは前室が広いので
焚き火いらずでこの空間で厨房兼テーブルのラクラクでウマウマでヌクヌク

CIMG4644_R.jpg
そんなわけで
お楽しみはお食事
CIMG4645_R.jpg

地元のスーパーで買い出した刺し身の切れ端の詰め合わせ
安いですがこういう前菜のマリネには最適
テキトーにドレッシングとオリーブオイルで味付けして
黒コショウやパセリをチョイとふりかけるお手軽オードブル

CIMG4647_R.jpg
大自然の中で食うだけでウマウマ
最高ですね。
安いワインもどんな高級ワインなんかよりグレート
CIMG4648_R.jpg
好物のイカなんか入ってたりして
ちょっと嬉しかったです。

CIMG4654_R.jpg
2品目はホタテのシチューでヌクヌク温まって

CIMG4657_R.jpg
余ったホタテでファルファッレのカルボナーラ

自転車やバイクでは普通の長いパスタよりこういうタイプのほうが
携帯性が良くていいかもです。
CIMG4658_R.jpg
CIMG4659_R.jpg
最後は肉で締めました。
ポークソテーですが赤ワインとマスタードソースで味付けるだけで最高
今日も満足

でもこれ

前菜の刺し身の切れ端以外は全部日常的な余り物
ワハハ

CIMG4655_R.jpg
でもお外で食えば余り物でも安いカクテルやワインでも
最高のご馳走☆

いやいや、お金より
こういう日常から離れた時間や自然との対峙をこそ大事にしていきたいもの

そして、お金をかけずともそれを実践していきたいもの

そんな日常からのエスケープも工夫次第で日常的に行えそう
ここは平坦な奄美北部なのでLTEもバリバリでテント内も極楽。

ふ~久しぶりにたらふく食べ過ぎて満足感が半端無いですが
ではでは、チープながら贅沢な野原での夜をじっくりと楽しみたいと思います。

緊急避難

今日は昼から天候が回復してきたので自転車でお出かけ。

CIMG4197_R.jpg
雨上がりの川は増水してましたが
風もなく穏やかで、気温は春のよう

コースはいつもの龍郷ぐるりコース
CIMG4201_R.jpg
CIMG4200_R.jpg
うっかり座礁してたたまちゃんも無事に発電所へ接岸してました。

まあ、やれやれですね。

CIMG4202_R.jpg
CIMG4221_R.jpg
湾内には他にも船がいてポタリングをするマヌケを楽しませてくれました。
この船を眺めるのも楽しみの一つになっています。

CIMG4210_R.jpg
CIMG4217_R.jpg
いつもの海は穏やかなのですが
うねりはそれなりにあり、波打ち際は波飛沫でもやっとしてました。

CIMG4213_R.jpg

滝を眺めたり、それなりに楽しんでたのですが
CIMG4226_R.jpg
いきなり、大雨が降ってきて
緊急避難

まあ、すぐそばに東屋があったんで助かりました。

小雨になるのを見計らい

CIMG4229_R.jpg

コンビニまで来たのですが、雨の勢いは収まらずに
この記事は雨宿りしながらコンビニで書いてます(笑)

まあFC2なのでブログの更新はラクラクでありますが
いつ雨が止むのやら・・・・。

まあバイク関係の用事もこの分じゃ来週あたりになりそうですし
しょうがないですね。

ていうか、雨のち曇で20%だったのになあ
トラップに引っかかた気分であります。

今日もポタリング

今日も自転車で日課も兼ねてポタリング

CIMG4174.jpg
コースはいつもの海岸通り
今日もあいも変わらず鉛色の海に低い雲

以前も話しましたが、この季節
嫌いじゃないどころか大好きなので、何の問題もありません。

風邪気味な体調も自転車に乗れば、すっかり快調

CIMG4172.jpg
遠くの海には豆粒みたいな定期船が見えました。
トカラ航路かもですね。

いつか乗ってみたいものです。
来年の目標に選定。

CIMG4176.jpg
CIMG4177.jpg
ピースフルな空気を噛み締めながらの走行は至福の時間

ふと海に目をやると水鳥が潜ったり出たりしてました。
おー魚が釣れるかもなあ
とか思いつつ走ると

ポニーを散歩させてるおじさんに遭遇!

自分の敷地の小屋で飼ってるようで
道路から門を閉めて敷地へ戻っていきました。

黄金伝説に出てるあんな感じで
ポコポコと歩くその佇まいがあまりに牧歌的だったので
写真を撮ろうかと思いましたが、おじさんに気を使って撮れませんでした^^


CIMG4178.jpg
冷たく鉛色の空と海でしたが
時折、フッとエメラルドグリーンの海が見えたりして
なんとも言えない感慨を味わいながら走ります。

うーん、しかし毎日のように走っていますが
飽きるどころか、この上ない平和な空気と自然の恵みに
お金では得られない幸福感を日々味わっています。


そんなわけで、奄美の日々の変化も楽しめて
体力もつけられるポタリングも日課になりそうです。