2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

カテゴリ:G'zOne の記事リスト(エントリー順)

通話と通信を分離する時代

 【24//2015】

さて、潜航生活中でありますが個人的な旅のシーズンの前に

NCM_00140909.jpg
準備の一環も兼ねて高耐久スマホを使い古したGz'Oneの高耐久ガラケーに変更
理由は当然のことながら

th_NCM_0008.jpg
コチラのお高い料金

最近カケホ+2GBのプランに変更したのですが、ご覧のとおり約8000円の料金
th_NCM_0009.jpg

ちなみに自宅Wi-Fiばかりの通信量はご覧のとおりで1GBにも届かず
どれだけ節約しようが通話しようがしなかろうが常に8000円
長らく同じキャリアを使い続けてもコレ

家のWi-Fiで節約してもパケットは繰り越されず2GBのプランは容赦なく月額8000円

自分のように内省的なニート生活を送る人間的には
余裕で払えたとしてもホントにバカバカしい料金
th_N1358984009.jpg

そんなわけで生産性のない存在にダラダラと払う金はねー
と、普通にMVNOなどへMNPしたりせずガラケーに変更
何故か?
おっと、そこのアナタ
ガラケーを時代遅れの老人専用アイテムなんて思ってたら大間違い

ご覧のとおりガラケーでも今はカケホのプランがあり
割引と組み合わせれば月額1500〜2000円で電話かけ放題
しかもスマホと違いパケットを外せるのでSMS以外のメールすら外した
完全なる通話専用プランを構築可能

ちなみにソフトバンクもMNPなどで移れば1490円で同様のことが可能です。

このかけ放題の激安通話専用プランは
スマホプランが激高で格安SIMにより
通話と通信が完全に分離可能
今後の時代を考えるとマストといえる選択肢になりそうで

まずはパケットの必要ない潜航生活中に通話環境のみ節約も兼ねて
先行的に構築と相成った次第

コレで8000円の代金が2000円以下でかけ放題。ワハハ

しかもauの素晴らしいところは、ご覧のとおりカケホなんて要らねーよ
という人にちゃーんと1000円以下の基本料金の旧プランもよりどりみどりで選べるとこ
ドコモだとこうはいきません。

で、今は格安SIMでも通話付きのプランもありますが
こちらはスマホ必須で、当然のことながらかけ放題でもなく
通話と通信の分離もできません。

つまり、ガラケーでかけ放題の通話を1500円で確保しとけば
スクリーンショット 2015-04-2
格安SIMのデータ通信プランをあと1000円〜1500円ほど足して

月々2500〜3000円でかけ放題な上にタブレットなどで3GB〜6GBものネット通信が可能!

当然、データ通信の端末を別途に確保できるなら
スマホでもいいですしタブレットでもOKですし端末は選び放題
しかもスマホと違いタブレットやノートPCなら大画面でネットが可能

スマホ単体だとキャリアだろうがMVNOだろうがこうはいきません。
テザリングの自由度はもちろん、端末や通話プランの選択肢も段違い

mr03ln (1)
こんなモバイルルーターを組み合わせれば
更に端末代がお安いWi-FiモデルのタブレットやiPod tochやノートPCなども同時活用可能

しかもキャリアのスマホ月額8000円から浮いたお金でルーターやタブレットなど
端末もあっという間に買えるのです。
2年以上だと差額で安いノートPCすら買えます。
スクリーンショット 2015-04-24 141
しかも独身者なら高いパケットが甘ってもドブに捨てるしかないのですが
ガラケーと格安SIMの使い分けなら繰り越しも可能


コレもガラケーと格安SIMを駆使するメリットでして
スマホ単体でキャリア契約はもちろんスマホ単体での格安SIM契約でもこうはいきません。
月額2000円ほどの格安SIMの通話プランも繰り越しや安い月額などメリットはありますが
通話と通信が一体のスマホ端末が必須で
通話料金も定額制でないので跳ね上がるリスクもありますし
何よりもスマホ端末を必ず用意する必要があります。


そういう意味でも格安SIMが出揃ってきた今後は
ガラケーを通話に完全特化した合理的なアイテムとして活用する時代で
その圧倒的に長いバッテリー持ち時間やお得な通話料金や自由自在な端末の選択肢など
どっちつかずのスマホでは実現できないメリットが生まれるのです。

個人的には自宅の光回線のプロバイダがBIGLOBEなんで
NECの新しいモバイルルーターが発売されたタイミングで格安SIM環境を構築予定
th_NCM_0011.jpg
そんなわけで、とりあえず今は手持ちのG’'zOne高耐久ガラケーを節約も兼ねて再活用
外観上はボロボロ状態ですが、そのタフネスさは何の問題もナシで
通話だけでなくアウトドア用の機能も健在

まあ、とりあえず間に合わせ的に3000円の変更料だけでガラケー復活したわけですが
使いもしないのに8000円の負担を続けるよりは遥かにマシ
ホントは更にバッテリーが大容量で持ちの長い
20140711174924.jpg
コチラの大人気な名機を活用したかったのですが
何しろもう保証のない中古の白ロムですし
しかもやたら相場が高騰してるのでコスパ的には超最悪
いくらカシオが誇る高耐久ガラケーの名機とはいえ
ただでさえガラケーの供給不足が予想される今後
わざわざ保証のない白ロムを買わずとも

今ならauには素晴らしい選択肢が新品で用意されてまして
0102_grat01.jpg
スタイルに拘りなければ機能的にはカシオのタフネスガラケーと何ら遜色ない
防水防塵仕様でバッテリーも高容量で更に耐衝撃性もある
京セラ製高耐久ガラケーが新品で入手可能

しかも今年の2月の以前のモデルもあり
auユーザーならMNPを匂わす裏クーポンで15000円引きで機種変可能
(今は5000円かもしれませんが)
当然、新品なんで保証も可能で通話に特化したマシンとして
その耐久性やバッテリーの持続時間などガラケー停波まで使い倒すには最高の部類でしょう。
機能的にはカシオのタフネスとまるで同じなので普段使いも考えるとコンパクトなこっちのが得?

そんなわけで個人的にはこの京セラ製のを
新品で買える前モデルにするか新モデルにするか迷っている次第で
3G停波を見据え新品で買えるベストなタイミングで購入する予定

何故なら
従来型携帯の生産終了 国内各社、17年以降

こんな感じでスマホの搾取プランのためにガラケーは消滅するからでして
この突然のガラケー回帰にはちゃんと合理的な理由があるのです。


3G時代なら通話と通信が一体型のスマホの意義もありましたが
今は通信方式もプランも端末も完全に細分化し選択肢は増えました。

そんな中、小さい画面のスマホはどっちつかずで
完全に日本の購買力に対して高止まりするキャリア契約や端末販売の方便で著しく不利益な存在。

スマホは一体型で持ち運べますが静止中にしか使わず
タブレットやノートPCも持ち運べますし
静止中に使うなら大画面のほうが情報量も多く入力もラクなのは常識。

さて、simフリーモデルだと

iPhone6は  16GBで86.800円
iPad mini3は 16GBで56.800円

わざわざ通話のために差額3万円を払いますか?

その3万円でガラケーやモバイルルーターの新品が買えお釣りがきますし
しかも大画面な上に月額も半分以下でかけ放題&パケットも大容量で繰り越せるのですよ。

月額の差額で更に新しいタブレットやPCなどの端末も楽しめます。

通話と通話が完全に分離可能な時代
もはやデメリットしかないのが今のスマホなのです。

しかもガラケーの大容量バッテリーモデルは無充電で5日以上は電池が平気で持ちます。
災害やアウトドアではこの使い分けは大いなる安全上のメリット。

今の復活したカシオの高耐久ガラケーも電池の容量さえ気にしなければ
高耐久な上に小型軽量でアーバンな普段使い勝手も良く
アウトドアの専用機能もありつつ端末代は再活用なのでゼロ
超がつくほどお得
いっそ壊れるまで使い続けても良いですしその実力もあるのですが
停波まで5年はあると思われるので壊れた時のタイミングが問題
その辺色々と悩ましいところではありますが


そう、昔とは今は環境がまるで変わっていて
ガラケーが時代遅れのアイテムでなく、今や合理的なアイテムになってる時代
3G回線停波やスマホの端末やプランの大幅値下げが実現されるまでの間

柔軟に使い分けるメリットは多いにあるのです。

スポンサーサイト

Category: G'zOne

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

やっぱauでしょ

 【08//2014】

さてさて今日はauの2014年夏モデルの発表会があり









Video streaming by Ustream

色々と個人的にムフフな端末やサービスが発表されました。



NECカシオのタフネス端末を愛用してる者的には
IMG_20140508_194656.jpg

まずはコレ

京セラ製の耐久性最強スマホ「TORQUE」が日本に逆上陸

いや~~~~~~カシオのG'zOneなき今

海外モデルのTORQUEは
ディスカバリー・チャンネルの冒険番組でお馴染みのこの御方がCMをして


雪山でも

水辺でも

市街地、つーか、

どんなシチュエーションでもタフネスに活躍できる端末として以前から気になる存在であり
SIMフリー版やらも発売されていたのですが
海外モデルと比べ単色でな~~~んかイマイチ微妙な感じでした。

torque_rd01.jpg

torque_rd02.jpg
が今回auから発表された新モデルは
海外モデルとはまた別バージョンのまさしくau専用モデルで
外観や色はもちろん塩水に対する耐性など
国内モデルとしては過去最高レベルの耐久性や堅牢性を持つ
まさにジーズワン後継機としてブラッシュアップされた内容の端末でして

さすが長年カシオの端末を発売してきたauさんや
それとタッグを組んできた京セラさんはニッチなニーズを解ってますね~

IMG_0392.jpg
頑丈なだけでなくグローブの使用中や水濡れ中も操作可能!
いやいやコレはガチで使える仕様

つーかスマホに今どき物理キーですよ、物理キー(笑)

京セラはディスプレイを振動させる独自の方式で通話性能も高いのもポイント
IMG_0393.jpg

ジーズワン同様にGショックとの連携機能もあり
ワイヤレス充電にも対応してたりとナカナカ
p_index_01ca.jpg
新しいauの強みであるCAやWiMAX2こそ対応してませんが
ワンセグがなくFeliCaに対応してるのも実用的で逆に好感が持てます。
自分が住む奄美などの地方ではまだままこういうスペックが重要

ないのは気温や気圧などのセンサー類くらいなもんで
まあ愛用してる端末の後継機としては安心できるレベル。

そんなわけで今後もauにステイ確定ですが

KDDIが新電子マネー「auウォレット」開始 カードなくても店舗やネットで支払い

0216auwallet15_cs1e1_480x.jpg

現金レスな生活を実践してるハードコアなニートにはこっちも嬉しいお知らせ
益々現金レスに拍車がかかりそうな新サービス

ナカナカに便利そうで、ソッコーで登録
今まではスルーしてたじぶん銀行に口座も作ったりなんかして
マジでチャージなどのサイクルが日常的に完成したら
横断的なポイントサービスも実現できますし

タブレットやらスマホの専用アプリでサクサクマニーを管理できたりと超便利な予感。

このへんは通信キャリアの強み

物価、ガソリン、携帯代、全てにおいて高コストな今こそ
自分のような貧乏人にもメリットが大きいこういう統合的で横断的なサービスが必要でして
LTEエリア同様に止まることなく磨きをかけて欲しいところです。

いや~しかしVISAにやられてるMasterCardやセブンイレブンも勝負に出ましたな~

つーか普通にVISAやらEdyやらと使い分けもできそう


まあ普及するかしないか気になるところですが
少なくとも楽天カードマンよりは便利な詳細は今後CMなどで明らかになってくるでしょう。

そんなわけで相変わらずauのステマみたいになりましたが
色々と高コストな世の中ですが、安倍政権と違い
個人的になニーズに応えてくれるauを今後も応援するつもりで愛用していく予定。



あとは、敢えて今回隠した

新料金プランでサプライズを期待したいとこであります。

Category: G'zOne

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

あと3年は戦うぜ!

 【15//2013】

いやいや、いよいよ新型iPhoneも3社で扱いようになり
本格的なLTE時代を迎えてきたスマホ戦線
でも、自分は愛用中のコレ

$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
カシオのタフネススマートフォン
G'zOne TYPE-L CAL21を使い続け
あと3年は戦う覚悟

何故か???

MEDIASもG'zOneもさようなら
NECカシオ、スマートフォン事業を7月31日で終了

今年の夏、NECカシオはスマートフォン事業から撤退

つまり、長い歴史を持つ
カシオの独自のタフネススマートフォンG'zOneも愛用中のモデルが最後
今後はカシオ製のタフネススマートフォンが欲しくても手に入らないわけで
3年と言わず、下手したらぶっ壊れるまで使うかもです。

撤退はしましたが、スマートフォンの保守業務は続けるらしいので
サポートがある以上、付加価値の高い端末
永く使わない手はありません。

それくらい、アウトドアどころか街での使用にも安心安全な
オンリーワンなタフネススマホの付加価値は高し
最近は京セラの端末で防塵防水で耐衝撃のモデルもありますが
気温や気圧センサーもないし、何よりG’zギアのような専用アウトドアアプリもなく
なんか違います。

iPhoneみたいな防塵防水すらない端末に
防塵防水カバーして使うのは個人的にもっと違いますしね。

やはりGショックをアイデンティティに持つカシオのタフネス端末は特別
Androidのバージョンも4.0以上なので不満ナシ

しかも800MHzのプラチナバンド対応のLTEなので
長く戦えること必至

何故か???

それはauの戦略にあるわけで

ドコモiPhone参入も専門家は「au推し」
その理由は?
iPhone 5sと iPhone 5c のLTEを比較


上記の記事にもあるように
auのLTEはプラチナバンドと呼ばれる帯域の基地局数が

$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
ドコモやソフトバンクに比べて圧倒的
つまリ建物などの裏にも回り込みやすく粘りのある800MHzのLTEが
圧倒的ということは、相当に繋がりがいいという訳

これは旅に出たりはもちろん日常的に使用する際には最高の環境
普通に使う際にどこでも繋がる安心感は大きなアドバンテージで
これからしばらくは間違いなくLTEが主流
そこで圧倒的なプラチナバンドの優位性があるのは決定的
いくらドコモの3Gがトカラ列島みたいな超絶僻地までカバーしてても
日常的に使うLTEのカバーのほうが重要

バリバリでバンバンのとこよりも

1都8県日本縦断「4G LTE」快適の旅!
こんな感じでマジで快適

実際、名瀬市の市内で利用しててもauの「4G LTE」は快適快適♪

そんなわけで、個人的にナカナカにナイスな選択をしたようです。

アップルやグーグルなどの国外産の端末を使ってはいますが
国産でも付加価値の高い良い端末は躊躇なく永らく使い続ける覚悟。

大事に
ウソ
今後も乱暴に永く使うぞ~~~

Category: G'zOne

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

LTEも考えもんだ

 【01//2013】

昨年末から使用してるLTEスマホ

ようやくココ奄美でも開通して爆速で利用できるのは良いのですが
不満なのが、その料金プランと使用制限

LTEは定額プラン強制でその定額料が高く
以前の3G回線のように2段階定額も使えないので
自宅に回線持ってたり、モバイルWi-Fiルータなどを持ってる人が
Wi-Fi運用で節約しても、2段階プランのように
料金が安くなることもなく、使っても使わなくても高い定額量を払わないといかず

じゃあ高い定額量の分、使い倒して
自宅回線を節約しようとしても、データ使用量7GBで使用制限


ハッキリ言って、現状のLTEは割高感大有り


なので、さすがのマヌケも関東渡航を期に
割賦金を一括返済し
通話は以前の3Gスマホへ戻し、データ通信はWiMAXへ戻す予定

しかも、今は自分のように
以前契約してた不要なWiMAXルータなどが最初からある場合、

ココにあるように
更にお安く利用できるプランがあり
もちろんデータの制限ナシ

しかも自分はプロバイダもビッグローブなので更にお得

神奈川で済む寮の環境次第でWiMAX環境へ戻す可能性大

LTEもアレですよ
早いとこ手を打たないと
高リテラシー層はより使い勝手の良いプランへ移動するかもですよ。

高単価を狙って客を失うより
低単価で多くの客を繋ぎ止めるほうが得策だと思うのですがねえ

Category: G'zOne

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

温度差

 【08//2013】

今朝の奄美は昨日と結構な温度差がありますが
そのお話ではなく

スマホの温度センサーのトラブルが発生
$ブロゲリラ BLOGUERRILLA
ご覧のように新旧G'zOneの温度表示に差があり
その差は4度ほど

ていうかコレ、購入時からずっとこの状態

最初は自己放熱が関係してるのかと思いましたが
時間を置いて温度も慣らしても温度差は縮まる気配なし

どうも新型のセンサー不良ぽいので、
いよいよ今日はauショップへ持ち込んでみようかと考えてる次第

でも、スマホを使いまくってるので
日常使用に支障をきたす場合は、修理の時期を調整しようかと考えています。

そんな温度差のお話でした。

Category: G'zOne

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

フリーエリア