2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:ブログ の記事リスト(エントリー順)

しばらく喪に服します。

 【23//2017】

突然ですが昨日の深夜、身内が亡くなりました。
落ち着くまで間、しばらく喪に服すので報告します。
スポンサーサイト

Category: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

短い旅に出ております。

 【15//2017】




久しぶりの野宿先にて集中したいので詳細は後日。

Category: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Twitter復活しました。

 【10//2017】

本日からTwitterも復活。
いや〜短い間ですがSNSから離れてる間に色んな発見があって
自分なりのスタンスを再認識できました。

こんな時代にこんなしょーもないハード・コアなニート野郎へ
実に有り難いリクエストなんかあったりもして、励まされつつ激動の時代。


ツイッター、注目度に業績比例せず 
10-12月期も増収率鈍化

しかしまあ、Twitterも誰かさんのおかげで注目されてる割にはアレですな。
読み専のアカウントが多いようで儲からないようです。
当然でしょう。自己顕示や思想的というかヘイト的なマウント合戦や
美栄の張り合いばかりで有益な情報は本当に少ないですから。
(そういう意味で自戒できる良きブレーキ期間でした)

そんなわけで即時的な発信も復活。
これからは今まで以上に独自のスタンスを最大限に活かした
マイペースで言いたい放題な発信及び受信(こっちは広告ばっかで嫌になるけど)をば
していきたいと思います。


Category: ブログ

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

史上最大の逆転劇

 【06//2017】

いや〜〜〜〜〜スーパーボウル観ましたか?
SNSも遮断してるんで、じっくりと史上最高のゲームを楽しめましたよ(笑)

th_CIMG4086.jpg
色々と激動するこの国を上げてのお祭りですからね。

対戦するのはAFCチャンプのニューイングランド・ペイトリオッツと
我らがグリーンベイを破ってNFCチャンプになったアトランタ・ファルコンズ

ブレイディ率いるディフェンスがナンバーワンのペイトリオッツ
ライアン率いる畳み掛けるオフェンスが主体のファルコンズ
IMG_20170206_080229.jpg
こちらの2人もご覧の通りひいきのチームが別れてまして
自分は我らがパッカーズを破った同じNFCのファルコンズを若林さんと共に応援。

まさに総合力ではナンバーワン同士の頂上決戦。

死闘が予想されたわけですが、前半は1Qこそお互い大舞台で手探り状態だったものの
2Qからライアン率いるファルコンズオフェンスが炸裂

ライアン〜フリオ・ジョーンズのホットラインに
フリーマン&コールマンのランも炸裂しつつ空いた穴へライアンがパスを通し
ハドル無しでテンポよく畳み掛ける、まさにパッカーズ戦で見せたいつもの怒涛の展開。

手負いの我らパッカーズはミスで自滅しましたが
ペイトリオッツは活きの良いファルコンズのディフェンスラインに
パスプロテクションが完全崩壊。
ブレイディにプレッシャーがかかりまくって、まさかのサックやインターセプトを連発
(なんと1試合ブレイディへ5サック)

th_CIMG4105.jpg
3rdクォーターでこの25点差

ここまでくれば完全にモメンタムはファルコンズ。

TDを返されるもブレイディへサックを連発し次のドライブはFGに留め16点差
同点には2TDで2ポイントコンバージョンが2回が必要という
4Qゆっくり時間をかけてランでドライブしていけば楽勝モード
なんですが・・・肝心のRBコールマンが負傷

なーんか嫌な予感がする中
それまで保ってたファルコンズのパスプロテクションの隙を突きアジャストしてきた
ペイトリオッツ得意のディフェンスが炸裂しQBライアンがサックされファンブル
まさかのターンオーバー
これで完全にモメンタムがペイトリオッツへ流れ

フィジカルよりも戦略も含めたメンタルが重要なNFL
ここからまさかの展開が始まります。

前半あれだけ活きよく奮闘していたファルコンズディフェンスラインも徐々に消耗
その分ペイトリオッツのパスプロテクションに余裕ができはじめるわけで
こうなるとNFL屈指のQBブレイディとHCベリチェックの真骨頂
バシッとTDを決め更に2ポイントコンバージョンも決めます。

モメンタムに乗り更にNFL屈指のペイトリオッツのディフェンスも
前半あれだけ好調だったライアンのオフェンス
時間をかけるべき時に焦ってパスを投げるそのドライブを止めるわけで
(アトランタもフリオのミラクルキャッチがあったのですが
負けるチームというのは時間をかけるべき時に焦ってパスを投げFGすらとれない)
th_CIMG4112.jpg
会場も沸きに沸く中、浮足立つファルコンズディフェンスの隙を冷静に狙う
老獪なブレイディのパスがバシバシと炸裂し
歴史的なミラクルキャッチも飛び出し、93ヤードをゲインするミラクルなドライブでTD追加!!
またまた更に2ポイントコンバージョンも決め

th_CIMG4092.jpg
な、なんと、ついに同点でスーパーボウル史上初のOT
これもモメンタムなのか?コイントスの運も良く

ペイトリオッツの先制攻撃でOTも
前半の奮闘とまさかの同点でスタミナもメンタルも切れたアトランタに
もはやブレイディを止める力は無し怒涛のドライブであっという間にサヨナラTD

th_CIMG4098.jpg
10点差以上の逆転劇は無いスーパーボウルの歴史や
「春日の呪い」も解除する大逆転劇。
th_CIMG4095.jpg
いや〜〜〜〜この2人も大興奮な凄い試合でした。
あのアトランタのオフェンスを止めての歴史に残る逆転劇ですが
まあ、ブレイディとペイトリオッツの強さは散々語られてるんで、置いといて

ハイライトでも如実ですが
冷静に見ると来シーズン以降、アトランタに対峙するであろう我らパッカーズなど
他のNFCチームにもヒントというか、あのノーハドルで畳み掛け
平均30点以上は稼ぐ強烈なオフェンス力や活きの良い総合力も30点以下に抑え
老獪なモメンタム変化で翻弄すれば、十二分に逆転できるのを証明したわけで

この辺がライアン率いるアトランタの脆さというか穴ですね。

なんで、老獪さではブレイディに負けないロジャース率いる我らパッカーズも
負傷なく総合力を整えミスさえなければ十二分に戦えると思われます。ワハハ

そんなわけで劇的というか、歴史的な逆転劇で幕を閉じたNFL

ファルコンズもこの試合を消化するのは大変でしょうが、乗り越える壁ができたわけです。
というか、超えてもらわないと困ります。
我らパッカーズや若きカウボーイズなども
態勢を立て直し成長してくるであろうはずですし、来シーズンもNFLは楽しくなりそうです。



Category: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

加速する時代だからこそ

 【04//2017】

しかし時代の勢いの凄まじいこと。
このしがないハード・コアなニートの記事を見ても
実に実に重大なニュースが連日飛び込んできてるのに日々、即時的、瞬間的に処理され
あっという間に忘却の彼方。
それですら一部で書ききれないほど、時代は大きく動いています。

昔はオウム真理教事件など、大きな事件が起きたら何年もじっくり咀嚼したもんですが
今や時代にそんな余裕はありません。
せいぜい不安定化した現実を逃避し自画自賛して自我の安定を図るくらい。

そんな時代に漫然とリアクションしてたら、その大渦に巻き込まれて沈みかねないですし
良くも悪くも多くの人間が”この世界の片隅”で知らず知らず、当事者意識の無いまま
大渦に巻き込まれつつ、自らもまた時代を激動する一員となっていくのが世の常。
特にこの国では

そんな時代の激動も爆速SNS時代は更に更に加速度が増し
思考の並行処理と正確性と速度と何よりもブレないコアが必要とされるわけです。
確固たるパーソナリティや大局観と言い換えても良いかもですね。

そんなわけで、こんな時代に本質を捉える判断の軸をブラさないよう
激動と反比例するようにインスタントでスピーディーなSNSを完全に遮断したわけ。

何度も言いますが、加速する時代の激動。
それに対してパンパンと瞬発的なリアクションをしていくためにも
ここは敢えてブレーキを踏み、立ち止まって、じっくりと思考し
パーソナルな思想や倫理的立ち位置と指針を再確認する。
それが何よりも必要な気がした次第で、SNSやIoT時代に追いつくのは
どっかの首相の媚び売りのようにお手軽で一瞬ですからね(笑)
(少々やり過ぎた感もありますが、やり過ぎ大統領時代に対するにはこれくらいでヨシ)

おかげで自然と対峙したり、読書したり、音楽聴いたり、映画を観たり
と、個人的なコアを再構築する態勢をじっくりと得られています。

加速度的に勢いを増す時代の激動。
余程のコアがないと、あっという間に時代の遠心力に振り回され
時代の大渦の中に埋没しますよ。

大統領すらSNSでパンパンと瞬発的に時代を翻弄していく時代。
個人的に時代の空気や勢いを甘く見ていません。
だからこそ、敢えて一歩引いて思考の深度を深めようと思っています。

これからは嫌でも瞬発的にリアクションしていかないといけないのですから

そんなわけで、自分の中で思考の折り合いが付いたら
(時代も時代ですし、そう長くはなさそう)
時代と瞬発的に対峙するSNSも再開する予定。

こんな時代だからこそ、今はじっくり考える。
時代の遠心力に振り回されないように思想的なコアの質量を高めるのみです。

Category: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア